「運行計画」

しかし、最近の傾向として、若い人たちの中にはまったく、何の目的もなく、ただ何となく車を乗り回している人たちが、割合多くいるようです。この人たちは、ドラクなど、界の、イプを楽しむわけでもなく、誰に会うのでもなく、どこへ行くのでもなく、ただ漫然と車を運転している事によって、何を得ょうとしているのか理解に苦しみます。交通事故の原因で、このような漫然運転による事故が増える傾向にあることは、車交通社会にとって大変迷惑であるばかりでなく、周囲の人を巻き込む危険な行為ですので、このような運転をしている人は、直ぐにでもやめてほしいものです。車を安全に、しかも効率良く運転する場合に必要になるのが、「運行計画」なのです。それでは、「運行計画」とは、いったいどういう内容のことなのでしょうか。「運行計画」を簡単に説明すると、車を運転するその目的に対して、まず出発地点から目的地点までの全行程を把握するとともに、運転者および同乗者の肉体的・精神的条件などを考慮に入れた上で、無理の無い具体的な目標を立てる事を言います。世界で超一流のプロのレーサー達が競い合う国際レ lスにおいては、優勝するということは、大変な努力と苦労があると言われています。時間の単位でいえば、一秒以下のタイムに命をかけるプロレーサー達が、勝つために最も重要視しているものは一体何でしょうか。素早く確実なハンドル操作、ブレーキ操作、自分の思いのままにマシ ンを走らせることのできる。

参考:中古車を高く売るコツ

人の運転をまねる

もし、本当に運転がうまくなりたいのであれば、上手な運転をする人の運転をまねることです。それが、運転が上手になる早道となるでしょう。それでは、運転が上手か下手かをどのようにして見極めるか、その方法を教えましょう。本当に運転が上手な人の車に同乗すると、よくわかります。出発地から目的地につくまでの問、車は流れるように進み、特別のことが無い限りブレーキを踏んで停車するときでも同乗者の体に変化が起こらないくらいに静かに止まるものです。また、周囲の車より極端にスピードを挙げたり、急カ プをタイヤをきしませて走ったりは決してしないはずです。つまり運転の一つひとつすべに無理や無駄が無いのです。それなのになぜスムーズにしかも早く目的地に着くことができるのでしょうか。その訳は、彼が交通ル ルをよく理解しているからで、交通ル ルに最も近付いた運転ができるからにほかありません。レ シング場でのプロのエキサイティングな走りは、あくまでショ の一部です。ショーを現実と錯覚して、自分の人生をだいなしにしないでください。レーサーの私生活での車の運転は、私たちとまったく同じですが、違うところは、私たち以上に交通ル ルを厳守し、安全運転を徹底して行っていることを忘れてはなりません。運行計画の必要性一般的には、車を運転するということは、何らかの目的があって車を走らせることになります。ビジネス、旅行、ドライブ、買い物、人や荷物の運搬など、移動するための交通手段として車を利用しているはずです。

出典:

取り返しの聞かない大惨事

また、人によっては、自分もレーサーになって観衆の前でかっこよく走ってみたいと考えている人もいることでしょう。これらの考えは、本当に素晴らしいことで、これらの夢を夢として終わることなく、実現してほしいものです。そのためには、これからの努力があなた方の運転人生の上で最も大切になるといっても過言ではありません。運転免許を取得したこの時期が生涯において大切な時期であるという意味は、あなたがこれから生涯に亘って続けるあなたの運転の方法が、良い方向に進むかそうでないかの分れ道に立っていると言うことからなのです。車の性能は、ますます良くなっていますし、馬力も強くなってきました。それに運転しやすくなっていますので、ちょっと運転しただけで車はすいすい走ってくれます。自分の運転がうまいからだと勘違いをする人がいるようですが、そうじゃありません。車のせいなのです。勘違いをしないでください。初心運転者に特に注意をしていただきたいこと、それは、あなたがたの仲間や先輩遠の中で、自分の運転があたかもうまいかのようにわざと無茶なハンドル裁きをしてみせたり、制限速度をはるかに超える超スピードで走ってみせたり、時には信号無視や交通ル ル違反を平気でしてみせる悪質者がいるかもしれません。これらの悪い運転方法をかっこいいと真似などすると、取り返しの聞かない大惨事を招くことにもなりかねませんし、覚えてしまった悪い癖は、矯正が難しいのです。絶対に見習わないでください。

出典:

上手な運転をしたい

国際レ シング場の直線コ スを時速三百キロメートル近いスピードで疾走する自動車レ スは、近代機械文明が生んだ世界最大のプロ・モータースポーツ・イベントで、一年を通して毎月のように世界のどこかの各地で、大きなレ スが開催されています。レースの優勝者は、勝利者として月桂冠を戴きシャンパンかけの祝福を受ける栄光に浴する事ができ、その姿は誰が見ても美しく、素晴らしいものに映ります。そして、時のヒーローとして世界中のファンから誉めたたえられるのです。過去の歴史の中には、レースの最中に露と消えてしまった幾多のヒーローたちが大勢いました。彼らが伝説的なスーパーヒーローとして、今なお世界中の数多いファンの中で語り継がれているということは、プロ・モータースポーツのファン層の厚さに驚かされるばかりです。皆さんの中にも、自分好みのヒーローを追いかけて鈴鹿や富士、官生にまで足を運んだことのある人たちが大勢いることでしょう。イベントとかライプとかすべてに言えることでしょうが、プロのモーターレ スの会場も、耳をつんざくマシ ンの重なる音を問いただけで心がわくわくしますし、そのうえレ スクイーン達の艶姿やレーサー達の繋ぎのレ!スユニホーム姿がちらつくだけで心がときめくものです。運転免許を手にした皆さんは、交通社会人の一員になった以上、レーサーのように上手な運転をしたいと思うのは当たり前のことですし、生涯、無事故・無違反を通すための良い方法が無いかと考えることもあるでしょう。

参考:

「車両相互の死角」

「車両相互の死角」は、特に交差点付近や、前走車が右左折する際などに注意が必要で、大型車の後ろに位置している場合などの時は特に細心の注意が要求されます。ちょっとした心づかいの問題ですが、フロントやりアウインドウ付近の置物・飾り物は視界を狭くしてしまいますので、取り付けないようにしたいものです。「自然現象死角」で、夜間走行も注意が必要です。夜という闘が周囲を包んでしまうため、頼りにできるのがライトだけです。夜間走行において運転者は、縦方向の前方の視界が短くなることに対しては本能的に警戒しようとして心を構えるものです。それに反して横方向の視界に対しては、注意力が少なく無頓着になりがちです。特に横からの飛び出しに対しては注意しなければなりません。これに加えて、夜間運転を難しいものにしているものに、対向車のヘッドライトによ る幻惑や、横断中の歩行者を領き消してしまう蒸発現象があるのです。このように夜間は情報がとりにくく運転が難しい事が多いのにもかかわらず、何を考え、何を勘違いしているのか知りませんが、ヘッドランプを消してフォグランプだけで走行している車があります。困った現象です。安全運転をするためには、少しでも多くの情報を収集しなければなりません。しかし、そのときの条件によって情報を得ることが制限される状況になったならば、ちゅうちょせず速度を押さえる用心深きも、安全運転者になるための心得です。数十万人という大観客を集めた。

参考: